心と身体にコラーゲン
日常ことから美容のことまで、思ったことなどをつらつらと語っていくブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メタボに効果的な甘味成分の遺伝子発見((o(´∀`)o))ワクワク
簡単に言うと

「メタボに効くのに、それでいて甘い成分を合成する酵素遺伝子が見つかったかもよ」

って、いう話です。

甘い物好きには素敵な話題ですねー(´∀`*)ウフフ


今後の研究に期待ですね。

20080909-00000006-cbn-soci-thum-000.jpg
どちらかというと苦そうなのは気のせい?


------- 記事内容--------------------------------------------------

理化学研究所(理研)などの共同研究チームは9月9日、「メタボリック症候群(内臓脂肪型肥満)やがん予防に効果的な『カンゾウ(甘草)』から抽出される天然の甘味成分『グリチルリチン』を合成する酵素遺伝子を発見した」と発表した。
カンゾウの「甘草根」と呼ばれる地下茎などから抽出される「グリチルリチン」は、砂糖の150-300倍の甘さを持つ。低カロリーの天然甘味料などとして需要が高く、「甘草根」の輸出額は世界中で年間4200万ドルに上る。
 「グリチルリチン」には、肝機能補強や抗ウイルス作用などの薬理効果もあり、「甘草根」は、医薬品の品質規格書である「日本薬局方」に収載されている漢方薬の70%超に配合されている。米国の国立がん研究所では、カンゾウをニンニクなどと共に、がん予防に効果的な食品として位置付けている。

 「甘草根」の供給は、中国や中近東などの乾燥地域に自生する野生種に依存しており、カンゾウ1キロの採取で5平方メートルの草原が破壊されるとの報告もあることから、生産国では輸出規制も始まっている。一方、栽培されたカンゾウでは、「グリチルリチン」の蓄積量が少ないため、良質の「甘草根」やその成分を安定的に供給する目的で、「グリチルリチン」を合成する仕組みの解明が求められていた。

 理研、横浜市立大、千葉大、京大、日大、常盤植物化学研究所(千葉県佐倉市)の共同研究チームは、「グリチルリチン」を産生する根や地下茎での発現性が高い半面、「グリチルリチン」を産生しない地上部での発現がほとんどない5つの遺伝子を選び、これらの機能を解明する研究に取り組んだ。
 その結果、5つの遺伝子のうちの1つが、「グリチルリチン」を合成する中間体の一つである「11-オキソ-β-アミリン」に変換する活性を持つことが分かり、「CYP88D6」と名付けられた。また、この遺伝子の産物が植物の合成で重要な働きをする「チトクロームP450」と呼ばれる一群の酸化酵素の一つであることを突き止めた。

 理研では、「この遺伝子の配列情報を基に、栽培に適したカンゾウへの品種改良や栽培条件の最適化の研究が可能になる。この遺伝子をほかの植物や酵母などに導入することで、天然甘味成分の工業生産も期待できる」などとしている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://carelabo.blog44.fc2.com/tb.php/17-7b8566ea

遺伝性のBSE発見、牛の体内で異常プリオン

BSE(牛海綿状脳症)の病原体である異常プリオンが、外部から感染しなくても、遺伝子の変異によって牛の体内で作られ、発症につながる例もあることが、米農務省国立動物病センターなどの研究で分かった。 研究したユルゲン・リヒト現カンザス州立大教授は「BSEがな...
[2008/09/13 12:34] ニュースヘッドライン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。